お客さまへの思いやりは人一倍!セールス力に優れた、頼れる店長。 2014年入社 中途採用 佐久野沢/店長 佐藤 佑介

なぜ、この会社に入社しようと思ったのですか?

もともとは量販店で携帯電話の販売に携わっていましたが、端末やサービスの販売のみでした。お客さまが携帯電話の使い方や料金のことなどで何か困っていらっしゃってもお役に立てないことに、とてももどかしさを感じていました。商品を売ったらそれで終わりではなく、お客さまともっと深く関わりたかった。僕自身auユーザーだったこともあり、auの専門店で働こうと思っていたところ、当社の求人を見つけました。利益の追求ではなく「お客さまのために」という会社の考えに惹かれて働くことを決めました。

実際に働いてみての感想は?

量販店のときと比べると、auショップでは覚えることが大幅に増えて大変でしたが、機器の故障からプランの見直しまで、お客さまのお困りごとに全力で対応できて喜んでいただけることに非常にやりがいを感じています。
時代の最先端の技術を常に接することができるのは楽しいです。
最初の1年は派遣スタッフとして働いていたのですが、この仕事に魅了されて、そのまま正社員になりました。

お客さまと接する上で、意識していることはありますか?

なるべく“カウンターでは接客しない”ということを心掛けています。というのも、一度カウンターに座ってしまうと、商品が並ぶフロアに移動する機会がなくなってしまうからです。やはり、実際に見て触って体感してもらってこそ、その商品の魅力が伝わると思うので、お客さまと一緒にフロアを歩きまわりながらご案内するようにしています。

それと常に「お客さまがお話されることだけが全てではない」ということを意識して接客しています。お客さまのお話には出てこない、言葉の裏側に隠されたお悩みを探ることで、一歩踏み込んだ提案をしていきたいです。

現在はどのようなお仕事をされていますか?

店長として商品の在庫管理やスタッフの育成、日々の売上管理を行っています。それまではひたすら、カウンター業務や自分の目標を達成することだけに専念すればよかったのですが、店長になってからは、自分だけでなく、どうすればスタッフ1人1人が目標をクリアできるかを日々考えています。

それぞれの目標を達成させるために、スタッフにはどのような
指導をされていますか?

その子の得意分野を伸ばしつつ、どんな部分に苦手意識を持っているのかを面談でじっくりと本人と話し合うようにしています。お客さまと接する上で不安な部分、自信がない部分を浮き彫りにしてそれが取り除けるよう、僕がお客さま役になってロールプレイングで練習します。商材を販売するのが苦手なスタッフが何度も練習して成長し、売上目標を達成できたときは、僕もとても嬉しいです。

これまでの立場とかわり、改めて感じたことはありますか?

働いてくれているスタッフがいるからこそお店が成り立つのだとつくづく感じるようになりました。だからこそ、できるだけスタッフが働きやすい環境を作ることを心がけています。僕とスタッフとの間に壁を作らないよう、普段の何気ない会話を大切にし、何でも言い合える、相談し合える関係を築くようにしています。

リーダーであるマネージャーとスタッフとの間に立って、みんなで佐久野沢のお店をさらによくしていきたいですね。

休日の過ごし方

友人たちとバスケットボールチームを組んでいるので、その練習に行きます。平日休みの僕に練習の日程を合わせてくれるので、ありがたいですね。また「温泉」が趣味なので、時間ができれば県内の温泉をめぐっています。(オススメは望月の湯!)